2018.02.11 共同通信杯

オウケンムーンと笑顔の厩務員さん

グレイルという馬が凄いらしく実際に調教映像でも首高脚上げ走法ですごい時計を出していたので共同通信杯に行ってきました。勝ったのはオウケンムーンでした。厩務員さんの満開スマイルが印象的でした。キラキラキラキラキラ。

 

続きを読む

2018.02.04 東京新聞杯

ブラストワンピース ジャパンカップ以来の東京競馬場。雪は思ったほど残っていなかった。到着するとすぐゆりかもめ賞の発走。この白茶けた芝を見ると1回東京だなあってなる。

誘導馬クインテット 誘導馬カルテット。

リスグラシュー 映像で見た新馬パドックのバネ感がおっと思ったアドマイヤリード目当てだったけどこの日は特に目につくポイントはなく。小さいのはわかっていたけど想像以上に小さな馬だった。左目にアイカップを装着していた。
武豊さんリスグラシューが直線で割ってきて快勝。重めの府中芝で馬群を捌いて抜け出してくる武豊さんを見るのは去年秋から3度目(エアスピネルキタサンブラック)。このコースも達者。
流星が綺麗に通ったハーツクライ産駒(ジャスタウェイワンアンドオンリーとか)、いいよね。

中山では梅屋の煮込み、府中ではふくみつの餅入りけんちん汁を推していく。
パドック側のふくみつも同じものを出しているのかは不明(スタンド2階通路コース側のふくみつでいつも買っている)。

2018.01.31 川崎記念

川崎記念は晴れるとオレンジ色の西日が馬を真正面から照らしてとても綺麗なG1なのですが今年は曇ってしまいました(2014年ホッコータルマエ)。

ケイティブレイブ ケイティブレイブ 表情 ケイティブレイブ兵庫CS帝王賞など馬券の相性が良いのですが、実力評価ではなく先行馬で展開有利を根拠に買って、想定とは違った強いところを見せて勝ってくれるので楽しいです。

給水 散水車、こんな感じで給水してるのね。

2018.01.06 中山金杯

JRAのイベント情報ページを見てみると黒澤ゆりかさんはじめとする晴れ着美人4人が振る舞い酒やおみくじ馬券販売など各種イベントに参加との記述がありましたので「1年の計は金杯にあり。金杯を当てて良い2018年にしよう」ということで中山金杯へ行ってきました。年末年始は中山大障害有馬記念から大井の重賞3連→川崎の報知オールスター・大師オープンと高カロリーの献立が続くので例年金杯の時期は競馬にすっかり飽きているのですが、今年は実家でおせちを食べながら寝正月を決め込んでいてかつ土曜金杯というレア曜日配列が成立していて、金杯チャレンジ最大のチャンスでした。

谷桃子さん 黒澤ゆりかさん 開門直後のイベントはウィナーズサークルで鏡開き、スタンド内で晴れ着美人による振る舞い酒でした。屋外で鏡開きしたお酒をその場で振る舞うおめでたい感じの絵を想像していたのですが、紙パックのお酒やジュースを屋内で配りまくる形でした。金杯に来るたくさんのお客さん捌くこと考えたらそりゃそうなりますよね(はい…)。騎手ファンの女性はウィナーズサークルで鏡開きする武士沢友治騎手にがっつき、晴れ着美人ファンの男性はスタンドでお酒配る黒澤ゆりかさんにがっつくという感じでうまい具合にすみ分けが出来ていました(昔の皐月賞後のパドック騎手イベと馬場開放みたいな)。美人の人でもタイミングによってあまりきれいに写らないものですが谷桃子さん大体どのタイミングでも美人でびびります。せっかくなのでおみくじ馬券を買いましたが40分並んでいるうちに晴れ着美人達はいなくなっていました。おみくじ馬券は外れていました。

良い天気で日なたは暖かかったですが、日陰に入ると途端に寒くなりました。日なたで熱エネルギーを貯めてどれだけ持たせられるかどうか。変温動物ってこんな気持ちなのでしょうか。場内に凍結防止剤が撒かれていてちょっと面白かったです。

テンクウ 田辺騎手は長い手足を存分に使った前傾フォームが好きですが小柄な馬だとちょっとアンバランスでゆかいな感じになりますね。

セダブリランテス 中山金杯はブラックバゴさんの4で外れ。京都がルメデムの騎乗停止で2場開催なのに騎手レベルが怪しいので京都外回りの武豊さんから上位騎手を買って京都金杯で中央馬券初的中でした。今年は武豊さんと上手にお付き合いしていきたいですね。

ゴールドサーベラス 最終を勝ったのはすなおかさんの競馬場の達人で単勝15番人気3着しすなおかさんを救ったゴールドサーベラス号。さすがグラスワンダーの孫です。98世代ではカラジの次くらいに強いのではないのでしょうか。

2018年もいい博打が打てるといいねハム太郎

2017年後半期の競馬場

2017年後半期の競馬場現地振り返りです。

続きを読む

2017年前半期の競馬場

2017年前半期に訪れた競馬場の振り返りメモと写真です。
ひとつひとつ記事かくの大変なので一場一言くらいのつもりでしたがだいぶ長くなってしまいました。

続きを読む

国際馬術掛川2017① 2017.03.25

"TKプロデュースなら朋ちゃん派/自分を誇れるようになったのはきっとゴリラと名乗ったあの日から"

マイアミネガティブ / 狐火 feat,あっこゴリラ Track by SHINJI-coo-K - YouTube

TKプロデュースなら朋ちゃん派なので、つま恋乗馬倶楽部の馬術大会に行ってきました。馬事公苑東京オリンピックへ向けて大規模改修工事に入ってしまったので、深刻な馬術大会不足です。渋谷からバスで30分のあの立地にあの規模の馬場があるってすごいことなんだなと失って初めてわかるなんとやらです。

掛川駅からタクシー10分、徒歩40分くらいchabata_kを抜けていくと到着。

 

つま恋乗馬倶楽部へ

つま恋乗馬倶楽部へ

つま恋乗馬倶楽部へ

つま恋乗馬倶楽部へ

めっちゃ廃墟っぽい。
鳴り物入りで造られたんだろうなというのはなんとなくわかる。
Wikipedia見てみるとなるほどなという感じだ。

つま恋リゾート 彩の郷 - Wikipedia

 

つま恋乗馬俱楽部

芝馬場、いいよね。
馬事公苑のグラスアリーナが改修工事でなくなってしまうのはつくづく残念だ。

 

華原朋美選手&クラシック
JEアマチュアグランプリ90cm級に登場した華原朋美さんと愛馬クラシック号(BGMはSave Your Dreamでした)。このクラシック号は翌日華原さんが騎乗するキャリーズサンの産駒で、華原さんが購入した馬のようだ。ゆっくりと丁寧に、障害落下なしで完走し、4位入賞。

 

この日に行われた競技では、CSI★2KAKEGAWAの150cm級とミニGP140cm級が障害の高さ・難度ともレベルが違う感じだった。馬事公苑東京競馬場で見る大会では元競走馬が結構出場していてアナウンスで紹介されることもあるのだが、ここの大会では元競走馬はいなさそうだった。以下、↓に印象に残った人馬。

渡辺佑香選手&ロイヤルズサン

渡辺佑香選手とロイヤルズサン号。渡辺選手はJAPAN OPEN2016のシーズン優勝の模様。


広田思乃選手&ライフイズビューティフル

広田思乃選手&ライフイズビューティフル

広田志乃選手とライフイズビューティフル号。綺麗なペインテッド柄。

3/26分は改めて。